センスなし!こんなラブホはNGだ!

投稿者:

男性サイドからしてみたら

「ラブホの場所なんて基本的にはどこでも良い」

なんて人も少なくない。

ラブホに入るまでの過程とラブホに入ってからの行為を重要視している男性が多い。

がしかし、女性は男性が選ぶラブホのセンスにも実は敏感なのだ。

だからこそ、女性がNGだと考えているラブホくらいは覚えておいた方が良いかもしれない。

なので、今回は女性がNGなラブホについて解説していきたいと思う。

・女性がNGなラブホその①「古くて昭和チック」

今でこそ少なくなってきたが、地方に行くとまだまだある、昭和の名残が捨て切れていないホテル。

昭和のバブルのにおいや、昔は流行ったであろう回転ベッド。

さらには浴槽にヒビが入っていたり、至る所に突っ込みたくなるようなホテルはまさにNG。

こうったホテルの特徴は、ロビーでホテルの従業員と鉢合わせしてしまったりするなどがしばし見受けられる。

金額は比較的安いが、女性はこういったラブホを嫌っている傾向にあることが多いので、そのようなラブホへは入らないことをおススメしたい。

・女性がNGなラブホその②「アメニティーが微妙過ぎる」

女性は、基本的にラブホに置いてあるアメニティーを気にする人が多い。

水っぽいリンスインシャンプーだったり、油分がごっそりなくなるボディソープ、得体の知らない男性用のへアトニックや簡素の極みのようなアメニティーしか置いていないラブホだけで幻滅してしまうようだ。

こういったラブホの特徴はタオルなどもペラペラで、客が使ったあとのタオルで部屋を清掃しているところもあるようだ。

だからこそ、置いてあるアメニティーしか使えないホテルよりもアメニティーを選べて使える、据え置き式タイプだったり、オーガニックな女性に配慮されたホテルを選んだ方がよい。

更に、女性の保湿一般に加えて、顔パックや入浴剤、ウエルカムドリンクなどが置いてある場所は更によいだろう。

・女性がNGなラブホその③「アブノーマルすぎるホテル」

次にNGなホテルがアブノーマルすぎるホテルだ。

通常のホテルであれば、せいぜいアブノーマルと言ってもマット程度だろうが、本格的なSM部屋などはその筋の人が利用することが多いので、変な空気になりかねない。

過激な木馬や拘束するための道具があるだけで、女性はなんとなく身構えてしまう。

身構えられた時点でムードもくそもあったもんじゃない。

ホテルによっては、コスプレなどもあるようだが、彼女が乗り気では無い時は無理強いしない方が得策といえよう。

やはり自然な流れでムードを大事にするのが女性なのだから、そこは男性サイドが理解しておきたいところである。

・まとめ

今回は、女性がNGなラブホテルについて解説してきたがいかがだっただろうか!?

NGなホテルに連れて行くことで、ムードが台無しになってしまっては元も子もない。

むしろ、微妙すぎるラブホを選んでしまったばっかりに、その日のセックスが水の泡に…

なんてことも考えられるので、ラブホ選びは慎重にしてもらいたいものである。

出会い系サイト 最新ランキング

第1位★ワクワクメール★

ワクワクメールは出会い系業界トップクラスの知名度を誇る出会い系サイト。 料金は出会い系サイト相場の1P=10円で他の出会い系サイトと比べると少し安い面もあり昔ながらの出会い系サイトで出会い系サイト内では老舗的なサイト。 未だに男女問わず人気がある出会い系サイトの一つで人気No.1と呼び声の高いサイト。

第2位PCMAX(18禁)

PCMAXはちょっぴり大人向けの出会い系サイト。 アダルト色が少し他の出会い系サイトよりも強いが、サポート面はしっかりしている印象。 男性は1=10円のポイント制で女性は無料となってる。 大人な関係で探すのであれば、このサイトがおススメ!

第3位ハッピーメール(18禁)

日本の出会い系サイトではかなり有名なサイト。 出会い系と言えば文句なしでココ。ハッピーメールは女性も男性も会員数が半端じゃないので、出会える確率は比較的に高いサイトになっている。男性は1=10円のポイント制で女性は無料です。


The following two tabs change content below.

ATAPI

Webライター兼ブロガーのATAPIです。 モテたい男性の為にサイトを立ち上げました。 みなさまのお役に立てる情報を発信できるように頑張ります! 元気になる為のサイトも運営中 →http://mendam.com/【MENDAM.com】

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です