合コンでその場を盛り上げる上手い「下ネタ」とは!?

投稿者:

合コンは、一言一句が恋愛の駆け引きのポイントになる。

初対面の男女が多いからこそ、下手なことを言ってしまうと
「変な人」認定をされ、その合コンで失敗してしまう確率が高くなる。

しかしならが、お酒が進んだ頃合いで、ちょっとエッチな質問をしてみることで、案外女性ウケすることが多い。
目の前の女性と恋愛、セックスをするための登竜門とでも言おうか。

なので、今回は、合コンでその場を盛り上げる上手い「下ネタ」について解説していきたと思う。

・フェチの話はみんな好き!

基本的に人は褒められることに関して嫌がる人はいない。
むしろ喜ぶ人の方が多いことだろう。

なので、合コンの序盤は相手の綺麗な体を褒めて様子を伺うことが大事。
例えば
「最初っから思ってたんだけど、君の○○って凄くキレイだよね」

ここでいう部位は、胸などは避け、腕や指、髪の毛などの無難な線を攻めた方がいいだろう。
その上で
「俺って、○○フェチなんだよね」
と、相手の綺麗な部位に魅力を感じることを伝えるのだ。

そしてすかさず
「君は何フェチなの?」

このようすれば、聞いてしまった手前、相手もその質問に対して答えやすくなる。

特に、フェチズムの会話は、直接的な表現を避けているので、相手の性的欲求がどこに向くのかを知ることができる。

下ネタトーク序盤ではいわば鉄板ネタになるという訳だ。

・SかMかを議論する

下ネタでフェチ以外の話をするのであれば、SかMかの話も案外盛り上がるものだ。

ハキハキ話をする女性がいれば
「○○ちゃんて、仕事もテキパキこなしてそう。なんかそういうところがSっぽいよね」
と話を振ると大抵の女性が
「えぇー。別に違うよー。」
を返してくることだろう。

すかさずそこで
「じゃあ、いじめられる方が好きなの(笑)?」
と、下ネタを振ると相手も
「なんか、響きがいやらしい(笑)」
となるはず。

その後の会話は色々な方向で話ができることだろう。

そのまま、その子を攻め続けてドMを暴露させてもいいし、わざとSキャラでイジッても場が盛り上がることは間違いない。

Mに見える子ならば逆パターンでいじればいいのだから。

・過去の恋愛話は意外と盛り上がる

合コンに来ているということは、みんな恋人がいない人達だ。

そのような場で、昔の恋人との別れ話は意外と盛り上がる。

なので、すかさずそこで
「ちょっと下ネタになるんだけど、前の彼女と別れる時に
‘体の相性が悪い’って言われてさ…」

と下ネタを話すだけではなく、その場の女性陣から同情を買うこともできるのだ。

そこからセックスに対する議論が始まり、真面目な下ネタトークになる可能性もある。

ここでポイントになるのが、話始まりの
「ちょっと下ネタになるんだけど…」
という前置きだ。

これがあることで、セックスのことを話しているにも関わらず、不思議とセクシャルな部分がオブラートに包まれる状態になり、女性陣も話に参加しやすくなるという訳だ。

・まとめ

今回は、合コンでその場を盛り上げる上手い「下ネタ」について解説してきたが、いかがだっただろうか!?

合コンで下ネタを盛り上げて話ができる男は、同性からしたら非常に頼もしい存在になるだろう。

なので、合コンに行く機会がもしあれば今回紹介したようなことを実践してみてはいかがだろうか!?

出会い系サイト 最新ランキング

第1位★ワクワクメール★

ワクワクメールは出会い系業界トップクラスの知名度を誇る出会い系サイト。 料金は出会い系サイト相場の1P=10円で他の出会い系サイトと比べると少し安い面もあり昔ながらの出会い系サイトで出会い系サイト内では老舗的なサイト。 未だに男女問わず人気がある出会い系サイトの一つで人気No.1と呼び声の高いサイト。

第2位PCMAX(18禁)

PCMAXはちょっぴり大人向けの出会い系サイト。 アダルト色が少し他の出会い系サイトよりも強いが、サポート面はしっかりしている印象。 男性は1=10円のポイント制で女性は無料となってる。 大人な関係で探すのであれば、このサイトがおススメ!

第3位ハッピーメール(18禁)

日本の出会い系サイトではかなり有名なサイト。 出会い系と言えば文句なしでココ。ハッピーメールは女性も男性も会員数が半端じゃないので、出会える確率は比較的に高いサイトになっている。男性は1=10円のポイント制で女性は無料です。


The following two tabs change content below.

ATAPI

Webライター兼ブロガーのATAPIです。 モテたい男性の為にサイトを立ち上げました。 みなさまのお役に立てる情報を発信できるように頑張ります! 元気になる為のサイトも運営中 →http://mendam.com/【MENDAM.com】

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です