女性がキスをしたくなる瞬間とは!?

投稿者:

男からしたら分かりくいが、女性はキスをしたい時に男性に密かにサインを送っていることが実は多い。

女性は男性とは違い受け身な人が多い。

だからこそ「キスしたいな」と思っても自分からキスができない女性が多いのだ。

そんな女性心理を汲んでくれる男性だと女性はうれしいと感じるもの。

だからこそ、女性がキスしたい時のサインを見逃さず、女性へスマートにキスできるようにしてもらいたいものだ。

なので、今回は女性がキスをしたい時のサインについて解説していきたいと思う。

・女性がキスをしたくなる瞬間は恋愛映画などでムードが盛り上がった時

女性がキスしたくなる瞬間は
「キスシーンのある映画やドラマを観ている時」だ。
映画やドラマを通して、視覚や聴覚が刺激され、自然と男性と良いムードになることがある。

映画館だとハラハラドキドキした雰囲気が興奮材料となり、更にその気持ちを高揚させてくれる。
しかも映画館だと暗い雰囲気で、ムードとしては最適だ。

これは自宅でも同じで、暗い部屋に2人でDVD鑑賞をしている時でもムード次第では女性はキスしたくなることもある。

がしかし、ここで気を付けてもらいたいのが、一緒に観る映画を選ぶ時は
『エロ過ぎない、ハード過ぎない、過激な描写が少ない』映画を選ぶことがポイントとなってくる。

エロすぎる映画にしてしまうと女性は逆に気持ちが冷めてしまうようだ。

だからこそ、ロマンチックな雰囲気のある、物語もそれなりに面白い映画を選ぶことをおススしたい。

特に大事になってくるのが、キスシーンが綺麗な映画を選ぶことが大事になってくる。

・目を見つめられている時間が長い時

女性は不意に無言で見つめられることでキスをしたくなる欲求が芽生えることもあるようだ。

女性の目を無言で真剣に見つめることは少しハードルが高いが、結構効果的。

そこで、女性を見つめる際に気を付けてもらいたいポイントが下記の通りになっている。
・真剣に見つめる
・笑わない
・目をそらさない

上記のことに気をつけて、恥ずかしさをこらえ、女性の目を真剣に見つめることでその先にキスをできるタイミングがきっと訪れることだろう。

これは自分から女性をキスさせたくさせる方法になるので、タイミングを見計らって実践してみてはいかがだろうか!?

・デートの別れ際はキスできる確率が高い

ありきたりなシチュエーションになるかもしれないが、デートの帰り際はキスする最高のタイミングだと言える。

デートの帰り際はどうしても寂しい気持ちになりがち。

そんな時
「じゃあね」と別れた後に、男からギュっとされると女性はトキメイてしまうもの。

そこから、すこし強引にキスするのも案外ありだ。

ここでポイントになってくるのが
『いったん離れる』ということ。

「じゃあね」とサラッと帰る素振りを見せ、寂しいなと思ったくらいに、女性のもとへ戻っていき、無言で抱きしめるのが効果的。
その抱きしめられた瞬間に女性のキススイッチが押される可能性が高い。

そこで、少し強引にキスをすれば女性はあなたにメロメロになってしまうことは間違いないと言える。

・まとめ

今回は女性がキスしなくなる瞬間について解説してきたが、いかがだっただろうか!?

上記で紹介した以外にもお酒で少し酔ってしまった時なども女性のキススイッチが入ることが多い。

だからこそ、女性にキスしたい時は、今回紹介した内容をぜひとも実践してもらいたいものだ。

出会い系サイト 最新ランキング

第1位★ワクワクメール★

ワクワクメールは出会い系業界トップクラスの知名度を誇る出会い系サイト。 料金は出会い系サイト相場の1P=10円で他の出会い系サイトと比べると少し安い面もあり昔ながらの出会い系サイトで出会い系サイト内では老舗的なサイト。 未だに男女問わず人気がある出会い系サイトの一つで人気No.1と呼び声の高いサイト。

第2位PCMAX(18禁)

PCMAXはちょっぴり大人向けの出会い系サイト。 アダルト色が少し他の出会い系サイトよりも強いが、サポート面はしっかりしている印象。 男性は1=10円のポイント制で女性は無料となってる。 大人な関係で探すのであれば、このサイトがおススメ!

第3位ハッピーメール(18禁)

日本の出会い系サイトではかなり有名なサイト。 出会い系と言えば文句なしでココ。ハッピーメールは女性も男性も会員数が半端じゃないので、出会える確率は比較的に高いサイトになっている。男性は1=10円のポイント制で女性は無料です。


The following two tabs change content below.

ATAPI

Webライター兼ブロガーのATAPIです。 モテたい男性の為にサイトを立ち上げました。 みなさまのお役に立てる情報を発信できるように頑張ります! 元気になる為のサイトも運営中 →http://mendam.com/【MENDAM.com】

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です