女性をセックス中毒にする究極の方法とは!?

投稿者:

基本的にセックスが好きなのは男。

女性もセックスが嫌いな訳ではないと思うが、男の方が圧倒的にセックスは好きだ。

こればっかりは本能的なところも関係しているから仕方のないこともかもしれないが…

しかし、女性をセックスが好きな人に変えることはできる。

今回はそんな男性にとって非常に魅力的な究極の方法を解説していきたいと思う。

・女性をセックス好きにする方法その①「ドーパミンを大量放出させる」

人間の脳はおもしろいもので

‘脳内で麻薬を作ることができる’
のだ。

体外から麻薬成分を取り入れるのではなく、麻薬と同じ興奮や快楽を得ることができ、尚且つそれを中毒化させることもできる。

「マジか?」

と思った男性諸君!

それがマジなのである。

一度でもいいから、とっても気持ちよい快楽を味わうと、人間の脳はその気持ちよさが神経として繋がり、また次にも
「その気持ちよさを得たい」
という欲求に駆られてしまう。

セックスは基本的に体の快楽だけではなく、心も満たされる心地よさがあることから中毒化しやすい側面を持っている。

だからこそ、まずは自分の快楽だけではなく女性に対して

‘女性を感じ続けさせる’
‘何度もイカせ続ける’

このようなセックスを通して、女性の脳内でドーパミンを大量に放出させることが大切になってくる。

・女性をセックス好きにさせる方法その②「周期的にアプローチする」

先ほど解説したようなドーパミンが大量に放出されるセックスを今度は女性の生理周期に合わせて行うことがポイントとなってくる。

女性の性欲が高まるのは、基本的には
・生理後
・排卵前後
となっている。

この決まった間隔でアプローチし続けることで、その効果は倍増されるのだ。

月に2~4回、女性の生理周期に合わせて定期的に快楽を与えることで、その時期になると女性の脳と体は自然にあなたを求めるようになってくる。

・女性をセックス好きにさせる方法その③「ポルチオ性感の刺激をする」

女性が最も感じることができるのが

‘ポルチオ性感への刺激’

になる。

女性をセックス好きにさせるには、ここの部分の刺激は必要不可欠な要素となる。

このポルチオ性感は、オナニーなどではなかなか刺激することが難しいため、男性器だったり、バイブなどを活用しなければならない。

その際の挿入角度にはテクニックが必要だ。

だからこそ、このポルチオ性感への上手な刺激をマスターすることで女性を何度も絶頂させることが重要になってくる。

・まとめ

今回は女性をセックス好きにさせる方法を解説してきたがいかがだっただろうか!?

重要なのが
・女性に気持ちよいを体験してもらう
・それを周期的に行う
・性感帯を知る
となっている。

これに合わせて実践して欲しいのが、体の快楽もだが、セックスで心も満たしてあげることも重要になってくる。

体だけの快楽なセックスだと、女性もいつかは離れていってしまう可能性は否めない。

だからこそ、体も心も繋ぎとめておくために体だけの快楽ではなく、心も満たしてあげることが重要なのだ。

これらの方法をマスターすることができれば、後は異性と出会うだけ。

出会うだけなら出会い系サイトでサクッと出会ってしまおう。
あとは実践あるのみ。

下記サイトから無料登録をしてサクっと出会って実践してみて欲しい!

出会い系サイト 最新ランキング

第1位★ワクワクメール★

ワクワクメールは出会い系業界トップクラスの知名度を誇る出会い系サイト。 料金は出会い系サイト相場の1P=10円で他の出会い系サイトと比べると少し安い面もあり昔ながらの出会い系サイトで出会い系サイト内では老舗的なサイト。 未だに男女問わず人気がある出会い系サイトの一つで人気No.1と呼び声の高いサイト。

第2位PCMAX(18禁)

PCMAXはちょっぴり大人向けの出会い系サイト。 アダルト色が少し他の出会い系サイトよりも強いが、サポート面はしっかりしている印象。 男性は1=10円のポイント制で女性は無料となってる。 大人な関係で探すのであれば、このサイトがおススメ!

第3位ハッピーメール(18禁)

日本の出会い系サイトではかなり有名なサイト。 出会い系と言えば文句なしでココ。ハッピーメールは女性も男性も会員数が半端じゃないので、出会える確率は比較的に高いサイトになっている。男性は1=10円のポイント制で女性は無料です。


The following two tabs change content below.

ATAPI

Webライター兼ブロガーのATAPIです。 モテたい男性の為にサイトを立ち上げました。 みなさまのお役に立てる情報を発信できるように頑張ります! 元気になる為のサイトも運営中 →http://mendam.com/【MENDAM.com】

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です